2017年11月20日(月)

1日にレタス1万株 みらい、宮城にLED植物工場

2013/5/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 植物工場開発のみらい(東京・千代田、嶋村茂治社長)は宮城県に発光ダイオード(LED)照明を使った面積約1千平方メートルの植物工場を建設する。LED照明を採用した植物工場としては世界最大規模という。9月にも着工し、2014年3月までに栽培を始める。

 みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に建設する。1日にレタス1万株を生産できる。装置は1平方メートルあたり40万円程度。経済産業省が事業費の3分の2を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

電子版トップ

関連キーワードで検索

嶋村茂治LED植物工場LED植物日本GE



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報