ハニースチール、水蒸気でハウス栽培 水耕より管理容易

2013/5/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

植物栽培システムの研究開発を手がけるハニースチール(大阪府羽曳野市、広津俊昭社長)は、水蒸気で植物の水分管理をするシステムを開発した。水耕栽培に比べシステムを簡略化でき、コストを3分の1から4分の1に低減できるという。

土壌層の下の空間に水を供給。その間に水蒸気層をつくり土壌に適度な水分を与える。大阪大学産業科学研究所が協力し、特許を取得した。

通常のハウス栽培では作物や気温に応じた適切な水やり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]