中部電、2火力発電所に冷却装置 夏場の出力低下を抑制
新名古屋と川越

2013/5/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部電力は新名古屋火力発電所(名古屋市)と川越火力発電所(三重県川越町)に、夏場の出力低下を抑えることに役立つ吸気冷却装置を導入する。出力向上の効果は合計で数万キロワット程度と限定的だが、東日本大震災発生から3度目の夏を迎えるにあたり、安定供給の維持に全力を挙げる。

冷却装置は新名古屋7号系列1~6号機(合計出力145万8000キロワット)と、川越4号系列1~7号機(合計出力170万1000キロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]