/

この記事は会員限定です

インフルウイルス脅威 変異繰り返し、感染力増大

[有料会員限定]

鳥インフルエンザウイルスH7N9型の人への感染が中国でじわじわと拡大し、大流行するかどうか予断できない状況が続く。人類とインフルエンザウイルスとは長い闘いの歴史がある。近年、バイオ技術の進展でウイルスの正体や感染する仕組みが次第に明らかになりつつあるが、この「したたかなウイルス」を制圧するのは難しいと専門家はみる。

「最大の特徴は伝播(でんぱ)力にある」。ウイルス学の第一人者である東京大学医科学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1442文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン