歯ぎしりは危険サイン 歯周を損傷、睡眠障害も

(1/2ページ)
2013/5/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ギリギリ」や「ギシギシ」。寝ている間に歯と歯を擦り合わせる歯ぎしりの音だ。自覚症状がない人も多いが、そのまま放置しておくと、歯がすり減るだけでなく、歯周病が発症・悪化することもある。健康を脅かす危険なサインの一つとしてとらえ、早めに対処することが大切だ。

「あなたが寝ている時のギリリ、ガリガリといった歯ぎしりの音が怖い。一度、病院にいってみたら」。東京都内のIT関連企業で働く会社員Aさん(31…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]