歯ぎしりは危険サイン 歯周を損傷、睡眠障害も - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

歯ぎしりは危険サイン 歯周を損傷、睡眠障害も

[有料会員限定]

「ギリギリ」や「ギシギシ」。寝ている間に歯と歯を擦り合わせる歯ぎしりの音だ。自覚症状がない人も多いが、そのまま放置しておくと、歯がすり減るだけでなく、歯周病が発症・悪化することもある。健康を脅かす危険なサインの一つとしてとらえ、早めに対処することが大切だ。

「あなたが寝ている時のギリリ、ガリガリといった歯ぎしりの音が怖い。一度、病院にいってみたら」。東京都内のIT関連企業で働く会社員Aさん(31...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1781文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません