山口県、「幻のノリ」の量産技術を開発 カイガラアマノリ

2013/5/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山口県は県内の瀬戸内海沿岸に自生する「カイガラアマノリ」の量産技術を開発する。現在は特殊なプレートで養殖するため、コストがかさみやすい。量産技術は一般のノリ養殖と同じ網で栽培するため、生産コストが最大で3分の1になるとみる。3年後の実用化を目指す。甘みが強く、希少性から「幻のノリ」とも呼ばれるカイガラアマノリを県の特産品に育てる。

カイガラアマノリは貝から直接生えるため、一般的な養殖ノリのように…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]