横浜市、女性起業家に助成 最大200万円

2013/5/2付
保存
共有
印刷
その他

横浜市は女性の起業家向けの補助金制度を新設した。市内で開業する女性に最大200万円助成するほか、女性の経営者がネットワーク作りを後押しする制度も始める。政府は女性の活躍を成長戦略の中核と位置づけている。自治体独自の支援で、女性の発想力を地域の活性化につなげる。

「横浜市有望ビジネスプラン事業化助成金」の女性枠は、事業費の最大3分の2を200万円を上限に補助する。横浜市内で新規事業を立ち上げたり、7年以内に起業したりした女性が対象となる。

同助成金は、政府系金融機関などのビジネスコンテストの入賞者を対象とした一般枠も設け、経費の半分を500万円を上限に補助する。6月7日まで応募を受け付け、7月中旬に支援者を決定する。

「女性起業家ネットワーク形成促進事業補助金」も新設した。女性経営者らの交流会や勉強会にかかる施設の賃借料や講師の謝礼金などの費用の半分を助成する。上限は10万円。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]