/

この記事は会員限定です

村上文学に寄り添う音楽 ジャンルそれぞれに役割

[有料会員限定]

村上春樹の新作小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」に出てくる音楽に注目が集まっている。4年前に刊行された長編小説「1Q84」と同様、今回登場するフランツ・リストの「巡礼の年」のCDも異例の売れ行きを記録。音楽が村上作品の中で果たす役割を巡る議論も活発だ。

東京・渋谷のタワーレコード渋谷店。3カ所に「村上春樹コーナー」が設けられた。新作の発行部数が発売7日で100万部に達するなか、そこに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1445文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン