/

この記事は会員限定です

交流ゲームに審査・認証制度 高額課金で自主規制

[有料会員限定]

交流ゲーム業界はゲームの健全性を確保するため、7月から独自の審査・認証制度を導入する。未成年者への高額課金問題に対応した措置で、業界による自主規制を徹底することで問題解決と企業イメージの改善を狙う。ただ、ゲームの中心は携帯電話からスマートフォン(スマホ)に移行。自主規制が機能するかどうかは、スマホの課金システムを握る米アップルや米グーグルの対応に左右される。

未成年者の高額課金問題を巡っては、ディ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン