2019年6月17日(月)

兵庫県、メタンハイドレート「存在の可能性高まる」

2013/5/1付
保存
共有
印刷
その他

兵庫県は30日、新たなエネルギー資源として注目を集めるメタンハイドレートの有無について、兵庫県香住沖の日本海で2012年度に実施した調査の結果をまとめた。音響調査や水中撮影などを通じ「存在可能性は高まった」と結論づけた。県は結果を受けて実際に海底の堆積物を採取する調査を実施し、存在を最終確認したい考え。

メタンハイドレートはガス成分と氷が混ざった塊で、日本周辺の海域に大量に存在するとみられている。調査は県所有の船を使い、民間と共同で4回実施した。県は今年度予算に調査費2000万円を盛り込んでおり、7~8月に500トン程度の民間調査船を借り上げて詳細な調査を実施する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報