円安、中小が機敏に国内増産 生産移管や工場拡張

2013/4/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中小製造業が外国為替市場での円高修正に機敏に対応し、海外生産の一部を日本に移管したり、国内工場を拡張したりする動きが出てきた。円高や取引先企業の生産の海外移転に伴い、国内のものづくり基盤を支える中小製造業の空洞化も進んでいる。円安が定着すれば一定の歯止めがかかる可能性がある。

プレス加工の大喜金属製作所(大阪市)はドアのカギ用の金属部品の組み立てを中国から日本に移管する検討に入った。円相場が1ド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]