/

この記事は会員限定です

円安、中小が機敏に国内増産 生産移管や工場拡張

[有料会員限定]

中小製造業が外国為替市場での円高修正に機敏に対応し、海外生産の一部を日本に移管したり、国内工場を拡張したりする動きが出てきた。円高や取引先企業の生産の海外移転に伴い、国内のものづくり基盤を支える中小製造業の空洞化も進んでいる。円安が定着すれば一定の歯止めがかかる可能性がある。

プレス加工の大喜金属製作所(大阪市)はドアのカギ用の金属部品の組み立てを中国から日本に移管する検討に入った。円相場が1ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り786文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン