/

GW、おおむね好天 前半には山間部で急な雷雨も

日本気象協会は26日、大型連休期間(27日~5月6日)の天気予報を発表した。前半の3連休と後半の4連休は、おおむね晴れる見込みで行楽日和になりそうだ。

ただ前半3連休は山間部で大気の状態が不安定になるため、急な雷雨に注意が必要。さらに30日~5月2日の平日は低気圧が日本付近を通過、広い範囲で曇りや雨となる。

予報によると、前半3連休は平年並みの暖かさで、気象協会は「日差しに当たったり動き回ったりすると、暑く感じるかもしれない」としている。

30日からは寒気が南下するため気温も全国的に下がり、標高の高い所では雪が降るという。

後半の4連休は北海道と東北、沖縄では雨が降る日もある。気温は朝晩を中心にやや低い状態が続く。

気象庁は例年、大型連休前に記者会見し連休期間中の天気予報を発表していたが、今年から取りやめた。期間中に気象災害が予想される場合は、会見し説明する方針。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません