2019年1月20日(日)

九州の自動車生産、10年で年180万台目標

2013/4/25付
保存
共有
印刷
その他

福岡県や九州の自動車メーカーなどでつくる「北部九州自動車150万台先進生産拠点推進会議」(会長、小川洋福岡県知事)は24日、今後10年で九州の自動車生産台数を年間180万台に引き上げる計画を発表した。ハイブリッド車(HV)などの環境対応車の増産や、燃料電池車(FCV)など次世代自動車の生産開始を通じ、生産拠点の集積を一段と進める。

同県は2006年に、九州北部での生産台数を150万台とする構想を打ち出した。12年度は約142万台と目標をほぼ達成したため、新たな目標を設定。組織名は「北部九州自動車産業アジア先進拠点推進会議」に変更する。

国内生産に占める九州のシェアは10年後に20%への引き上げを目指す。福岡県は「今後は新世代自動車の生産誘致を通じ、生産増につなげる」(商工部)としている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報