/

この記事は会員限定です

沖縄の佐喜真義肢、関節装具の県外販売を本格化

[有料会員限定]

関節装具メーカーの佐喜真義肢(沖縄県宜野湾市、佐喜真保社長)は、膝の動きを助ける関節装具の県外販売を本格化する。同社の製品が障害者自立支援法に基づく公的給付の対象に指定され、少ない負担で利用できるようになったため、装具の調整業者などに売り込む。2012年度に約1億円だった売上高を13年度は2億5千万~3億円に増やすのが目標という。

佐喜真義肢は高齢者や膝に疾患を持つ患者向けに、サポーターと支柱を組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り460文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン