海外生産、17年には企業の7割超に 内閣府調べ

2013/4/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

内閣府の企業行動に関するアンケート調査によると、外国で生産を行う企業の割合は2012年度に過去最高の68.0%となった。17年の見通しでは71.1%と7割を超える。理由の1位は「現地の需要が旺盛」(45.8%)で、2位の「人件費が安い」(23.1%)を大きく上回る。新興国の成長取り込みを目指す動きが目立っている。

東京…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]