2019年2月22日(金)

松戸まちづくり会議、アーティストの無料滞在施設

2013/4/12付
保存
共有
印刷
その他

松戸駅周辺のまちづくりに取り組む「松戸まちづくり会議」は6月末、アーティスト向けの滞在施設「パラダイスAIR」を開設する。駅近くのビルの2部屋を無料で提供するかわりに、駅前で作品を披露してもらう。国内外のアーティストを呼び込み、地域活性化につなげる。

各部屋とも広さは約40平方メートル。国内の若手アーティストには数日間、海外アーティストには2カ月ほど貸し出し、制作活動の拠点として使ってもらう。滞在中の光熱水道費や賃料は同会議が負担する。海外アーティストの場合は渡航費や制作費の一部も補助する。同会議は制作予定の作品内容を事前に審査し、入居アーティストを決める。

同会議は駅前の11町会や町会連合会からなる。松戸市とまちづくり会社のまちづクリエイティブ(千葉県松戸市、寺井元一社長)が事務局を務め、まちづくり活動に取り組んでいる。同社がビル4階の8室を一括で借り、うち2室を同会議に転貸した。

事業は松戸市の補助を得ており、ビルオーナーへの賃料支払いや光熱水道費などは大部分を補助金でまかなう。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報