/

この記事は会員限定です

「ネット選挙」解禁に沸くIT各社 巨大市場狙い新事業

[有料会員限定]

IT(情報技術)各社が相次ぎ「ネット選挙」関連事業を本格化させている。今夏の参院選からインターネットを使った選挙運動が解禁されるためで、新たな商機に結びつけようと各社は躍起だ。有権者をウェブサイトへ呼び込むなど、企業向けで培ったノウハウを生かし政治家らを支援する。公職選挙法改正案の成立は月内の見通しだが、早くも水面下では熱い商戦が始まっている。

GMOは「なりすまし」防止で

「今回の解禁で、巨大な経済効果が生まれる」。GMOイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1745文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン