仏ダノン、日本のヨーグルト生産能力1.5倍に 140億円投資

2013/4/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食品世界大手の仏ダノンは日本でヨーグルトの生産を増やす。2013年から4年間で総額約140億円を投じ、館林工場(群馬県館林市)のラインを増強、生産能力を1.5倍に引き上げる。あわせて物流センターを整備し、日本仕様の製品開発を進めるため研究施設も拡充する。消費者の健康志向を受け、市場が広がっている整腸効果などが高い機能性ヨーグルトの需要を取り込む。

設備を増強する館林工場はダノン日本法人のダノンジ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]