自動車部品などの町工場、匠の技で医療分野を開拓

2013/4/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車部品などで鍛えられた技術を生かし、医療分野に挑む動きが広がってきた。カーエアコン部品の武州工業(東京都青梅市、林英夫社長)は内視鏡手術器具向けの部品生産に参入。樹脂加工のジェイ・エム・シー(JMC、横浜市、渡辺大知社長)は手触りまで再現した心臓模型を開発した。高齢化を背景に拡大が見込める同市場で生き残りの道を探る。

武州工業はこのほど青梅市内で約7億円を投じた新工場を稼働させた。自動車部品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]