/

この記事は会員限定です

原発機器を設計から検査 規制委、メーカーに立ち入り

[有料会員限定]

原子力規制委員会は、原発機器を製造するメーカーなどに立ち入り検査できる仕組みを導入する。これまでは立ち入り検査が可能なのは原発を設置する電力会社に対してのみだった。メーカーの製造現場などに直接検査に入ることで、機器の設計・製造段階から品質保証体制などを確認し、安全向上に役立てる。7月に導入する新安全基準でルールを整備する。

立ち入り検査の対象は原子炉や配管など、原発に使われる様々な機器の設計・製造...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン