/

この記事は会員限定です

タカラヅカ、世界を股に リスク取って台湾公演

関西Made 第2部 私鉄王国はいま(4)

[有料会員限定]

3月15日朝、快晴の神戸港。トラックで輸送されてきた荷物が、大型のコンテナへと積み替えられた。宝塚歌劇団星組の舞台道具だ。船で向かう先は台湾の台北港。宝塚歌劇にとって初めてとなる台湾公演は4月6日から。阪急阪神グループを挙げた準備は佳境を迎える。

17カ国で公演

宝塚歌劇は過去24回、17カ国で海外公演をした。第1回は1938~39年。「日独伊親善芸術使節団」としてドイツ、ポーランド、イタリアを巡った。以来、欧米を中心に、近年は中国や韓国も訪れた。

今回の台湾公演は過...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り698文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン