/

大塚製薬、アルツハイマー治療薬候補の権利取得

大塚製薬は26日、アルツハイマー病の治療薬候補に関する権利を提携関係にあるデンマークの中堅製薬会社ルンドベックから取得したと発表した。大塚は契約一時金として1億5千万ドル(約140億円)を払い、米国などでルンドベックと新薬候補を共同開発販売する権利を得た。そのほかの細かい契約条件は開示していない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン