米国立衛生研、iPSで網膜など臨床試験

2013/3/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 米国立衛生研究所(NIH)はiPS細胞を使った再生医療の臨床試験を2年内をメドに始める。網膜や神経系の病気が対象。企業や他の研究機関と組んで高品質で安全なiPS細胞をそろえる。iPS細胞から作った治療用の網膜細胞などを安価に病院などに供給できるようにもする。

 マヘンドラ・ラオNIH再生医療センター長が日本経済新聞に明らかにした。同センターがNIH傘下の研究機関やカリフォルニア州再生医療研究所など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

関連キーワードで検索

NIH臨床試験iPSiPS細胞FDA日本経済新聞

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 24日 21:30
23日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報