/

この記事は会員限定です

米国立衛生研、iPSで網膜など臨床試験

[有料会員限定]

米国立衛生研究所(NIH)はiPS細胞を使った再生医療の臨床試験を2年内をメドに始める。網膜や神経系の病気が対象。企業や他の研究機関と組んで高品質で安全なiPS細胞をそろえる。iPS細胞から作った治療用の網膜細胞などを安価に病院などに供給できるようにもする。

マヘンドラ・ラオNIH再生医療センター長が日本経済新聞に明らかにした。同センターがNIH傘下の研究機関やカリフォルニア州再生医療研究所などと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り411文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン