ドコモ系、中国向けアニメ配信サイト 海賊版を排除

2013/3/25付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTドコモの子会社でネット広告のD2C(ディーツーシー、東京・港)は6月から、中国の著作権侵害対策を手がける行政機関と組み、中国向けのアニメ配信サイトを立ち上げる。現地の行政機関が当事者としてネット上の海賊版排除にあたることで、日本の放送局などもコンテンツを提供しやすくなる。

サイト名は「華代ネット」。TBSテレビとバンダイビジュアル(東京・品川)のアニメ計16タイトルを字幕付きでパソコン向け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]