2019年2月19日(火)

賃上げへ政労使協定 脱デフレ、官民で構想浮上
3者痛み分け促す

2013/3/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

デフレ脱却のカギを握る賃金の上昇に向け、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想が官民で浮上している。企業が賃上げする代わりに労働者は雇用の流動化を受け入れ、政府が財政面で後押しする。1980年代のオランダの成功例にならい、3者の合意をめざす。安倍晋三首相の要請で広がり始めた企業の賃上げの動きに弾みをつけるねらいだ。

導入論が出ているのは、オランダの政労使が82年にまとめた「ワッセナー合意」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報