/

この記事は会員限定です

キリンHD株主配分優先 13年12月期、純現金収支2500億円黒字

[有料会員限定]

キリンホールディングスの2013年12月期は、純現金収支(フリーキャッシュフロー=FCF)の黒字額が約2500億円と、前期に比べ900億円増える見通しだ。これを原資に500億円の自社株買いを実施。有利子負債の削減も加速する。前期まで海外買収に多額の資金を投じたが、海外の基盤整備が一巡したとみて、株主配分と財務改善を優先する。

キリンHDは昨年10月に13年12月期から3年間の中期経営計画を発表。4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン