/

この記事は会員限定です

東大、白血病患者からiPS作製 薬効かない細胞特定

[有料会員限定]

東京大学の黒川峰夫教授らは慢性骨髄性白血病の患者の血液細胞からiPS細胞を作製した。このiPS細胞から血液細胞を作製する過程で治療薬「グリベック」を投与したところ、薬が効きにくい細胞の1つを突き止めた。白血病治療薬の効き目の改善などにつながると期待される。

横浜市で21日に始まった日本再生医療学会で発表した。

iPS細胞が無限に増殖できるという特性に着目。慢性骨髄性白血病の患者から血液細胞を採取し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り218文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン