製造業、深刻な空洞化 埼玉経済の死角(上)
県の誘致策、効果薄く 技術力生む産業育成を

2013/3/20付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首都に近い優位性や基盤整備の進展などから成長力が高いとされる埼玉県経済。進出企業数も多く、行政もこうした点を誇ってきた。だが県内の景況は今も低迷基調を脱していない。空洞化、雇用喪失、デフレ――。埼玉経済の「死角」をあぶり出し、成長軌道に戻るための道筋を探る。

埼玉の新たな大動脈となる首都圏中央連絡自動車道(圏央道)。2013年度にも利用を始める幸手インターチェンジ(仮称)の脇で、埼玉県企業局が約…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]