2018年12月10日(月)

東大、ヒトiPSで膵島組織 マウスの血糖値改善

2013/3/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京大学の宮島篤教授と渡辺亜美研究員らはヒトのiPS細胞から血糖値を調節する膵島(すいとう)と呼ぶ組織をつくり、マウスに移植して血糖値を正常に戻すことに成功した。血糖値を下げるインスリンを生まれつき分泌できない1型糖尿病などの治療法開発に役立てる。サルの実験などを経て10年以内に人での臨床研究に乗り出す計画だ。

成果は21日から横浜市で開く日本再生医療学会で発表する。

膵臓にある膵島はインスリン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報