明治期の英国船沈没事故、明らかに 軍人の日記で浮上

2013/3/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

旧海軍士官が残した日記が手掛かりになって、これまで全く知られていなかった明治期の英国船沈没事故が明らかになった。救助活動を指揮したこの士官の孫が、国内外の協力を得て、事故の発生を示す資料を発掘。当時の日本は欧米列強との不平等条約下にあり、わずかな例を除き、日本側に外国船の海難記録は残っていない。専門家は「奇跡的なこと」としている。

発掘したのは、東京の元会社役員、緒方容造さん(69)。昨年10月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]