シェール採掘で「河川汚染」 米環境シンクタンク

2013/3/12付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】化学物質を含む水を大量に地中に送り込んで新型天然ガス「シェールガス」を採掘することによって、米東部の河川に汚染物質が流れ出している可能性があるとの研究結果を、米環境シンクタンク「リソーシズ・フォー・ザ・フューチャー」の研究チームが米科学アカデミー紀要電子版に11日発表した。

米東部ペンシルベニア州を中心とする世界最大級のガス田「マーセラス・シェール」の周辺の水質データ2万件以上を分析。上流に採掘場があると細かいごみのような浮遊物が増え、採掘に伴う汚染水を処理する浄化施設の下流では塩素化合物の濃度が高くなることを確かめた。

浮遊物は、汚染水の一部が処理されないまま採掘場から河川に流れ込んだためとみられる。生態系への影響が大きい塩素は浄化施設での除去が難しく、処理後も濃度が下がっていない可能性がある。

マーセラス・シェールの周辺では既に地下水汚染への懸念が高まり、採掘に反対する運動も起きている。チームは「さらに調査を進め、何らかの規制が必要かどうか検討すべきだ」と指摘している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]