イレッサ効かない患者向け治療法 金沢大と名大教授

2013/3/12付
保存
共有
印刷
その他

金沢大学の矢野聖二教授や竹内伸司助教、名古屋大学の長谷川好規教授らは、肺がん治療で使われる薬「イレッサ(一般名ゲフィチニブ)」が効かない患者向けの治療法を見つけた。マウスを使った実験では、リンパ腫治療用の既存の抗がん剤と併用すると、肺がんの細胞が消えた。2013年度内の臨床試験(治験)実施を目指す。

肺がんはがんの死亡例で一番多く、国内では年に約6万5000人が亡くなっている。

イレッサはがん細胞だけをたたく分子標的薬の一種。細胞の増殖を促すたんぱく質を狙い撃ちし、その働きを妨げる。「タルセバ(同エルロチニブ)」も同じ仕組みで働く。特定の肺がん患者で高い治療効果がある一方で、BIMと呼ぶ遺伝子が変異して効かない人も1割ほどいる。

イレッサやタルセバとリンパ腫の抗がん剤「ゾリンザ(同ボリノスタット)」を一緒に投与すると、BIMが変異していても肺がん細胞を攻撃するとわかった。変異のあるがん細胞を移植したマウスで実験したところ、半分でがんが見えなくなった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]