小田原市、サイバードと連携し地元の農家支援 産直市に出店

2013/3/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神奈川県小田原市はスマートフォン向けコンテンツなどを開発するサイバード(東京・渋谷、堀主知ロバート社長)と連携して地元の農業支援を始める。同社が東京都内で開く産直市に小田原の農家に出店してもらい、かんきつ類など特産物を広く紹介する。産地直送ネット宅配サービスも使い販路拡大につなげる。認知度を上げ、農家の売り上げ増を後押しする。

第1弾として3月16日と17日に開催する「代官山マルシェ」という産直…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]