避雷を商売に 牙をむく気象(ルポ迫真)

2013/3/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

冬、日本海側は雪雲が発達し雷が多発する。電気量は多く音も強烈だ。それに負けないくらいの人工雷をつくる装置が兵庫県尼崎市にある。避雷器メーカー、音羽電機工業の雷テクノロジセンターだ。

電気をためるコンデンサーを90台据え付けた手作り装置。防音ガラスをはめたコンクリート壁で隔てた制御室でスイッチを入れると、約2分で充電が終わる。「放電します」。合図の声とともに目を開けていられないほどの青白い閃光(せ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]