/

この記事は会員限定です

避雷を商売に 牙をむく気象(ルポ迫真)

[有料会員限定]

冬、日本海側は雪雲が発達し雷が多発する。電気量は多く音も強烈だ。それに負けないくらいの人工雷をつくる装置が兵庫県尼崎市にある。避雷器メーカー、音羽電機工業の雷テクノロジセンターだ。

電気をためるコンデンサーを90台据え付けた手作り装置。防音ガラスをはめたコンクリート壁で隔てた制御室でスイッチを入れると、約2分で充電が終わる。「放電します」。合図の声とともに目を開けていられないほどの青白い閃光(せん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り761文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン