/

この記事は会員限定です

内部被曝、大気観測データから推定 東大

[有料会員限定]

東京大学の研究グループは、福島第1原子力発電所の事故で出た放射性物質の広がりが、各地の大気汚染物質を測った観測データから推定できることを突き止めた。福島県などでとらえた痕跡を調べれば、避難住民らが事故直後に受けた内部被曝(ひばく)の大きさを知る手掛かりになる。

内部被曝を左右するのが放射性物質の雲(プルーム)の動きだが、放射線測定局の多くが地震で壊れてデータがない。

東大の中島映至教授らは、浮遊...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り251文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン