/

この記事は会員限定です

ピリカワークス、福島の主婦らを領収書データ入力代行に雇用

[有料会員限定]

ソフト開発のピリカワークス(東京・北)は東日本大震災被災地の雇用に貢献することを目的に、新規事業のデータ入力作業をインターネットを通じて福島県在住者に依頼する。同社が開発したスマートフォン(スマホ)アプリを用い、東京都内の個人事業主の領収書データ入力を福島在住者が代行する仕組みだ。主に主婦を担い手として見込んでいる。

被災地の雇用創出につながる起業を支援する、内閣府の「復興支援型地域社会雇用創造事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン