フェルガナ盆地、中央アジアの火薬庫に 米ロ思惑絡む

2013/3/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中央アジアのフェルガナ盆地で、キルギス系とウズベキスタン系の民族対立が深まっている。キルギスとウズベクの国境付近を中心に、両民族間の衝突が頻発し、2010年には400人超の死者を出す騒乱となった。

今年1月初旬、キルギスにあるウズベクの飛び地で、銃撃事件が発生した。約1500人のウズベク系住民がキルギスの国境警備隊と衝突し、警備隊が発砲、約10人の負傷者が出た。双方が人質をとるなど混乱が広がり、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]