/

この記事は会員限定です

ハイジャック防止法違反で立件検討 遠隔操作事件

[有料会員限定]

パソコンの遠隔操作事件で、警視庁などの合同捜査本部がIT関連会社社員、片山祐輔容疑者(30)=威力業務妨害容疑で逮捕=が関与したとみられる昨年8月の航空機爆破予告について、ハイジャック防止法違反(航空機の運航阻害)容疑での立件を検討していることが28日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、片山容疑者は昨年8月1日、ウイルスに感染した大阪府吹田市の男性のパソコンを遠隔操作。成田発ニュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り265文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン