2019年9月21日(土)

新社会人の一人暮らし 初任給から始める堅実家計
支出は収入の6割、貯蓄・自己投資に1割ずつ

(2/3ページ)
2013/3/2 7:00
保存
共有
印刷
その他

大まかな年収と支出の配分をつかんだらステップ2で支出のやりくり、つまり節約を考えよう。注意したいのは毎月必ず払う固定費だ。住居費や水道・光熱費、通信費がこれにあたる。

中でも特に支出額が大きい住居費はポイントだ。年収が300万円だとすると、その2割は60万円。これを12カ月で割ると1カ月の家賃は最高5万円。先週示した通りの結果になる。

外食に頼りがちな人は食費にも気を配りたい。食費も収入の2割だから月5万円が目安。30日で割ると1600~1700円となる。社会人になると付き合いが増えるし、休日は息抜きも必要だ。その分、普段は自炊をするなど節約が欠かせない。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

週末マネー講座アンケート 結果と読者コメント

あなたの家計を変えるヒント マネーのコラムで探る

ライフ「みんなの節約術」「エコノ探偵団」「働き方・人間関係」から

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。