/

この記事は会員限定です

セブンイレブン、北米で復活 成功モデル世界展開

[有料会員限定]

セブン&アイ・ホールディングスが海外でコンビニエンスストア事業を加速する。核となるのが子会社の米セブン―イレブン・インク(テキサス州)。日本流の店舗運営で業績を拡大、北米1万店体制が視野に入る。経営難に陥った米セブンを買収して22年。「本家」を復活させた成功モデルを中南米などで生かす。

「牛乳を目当てに来る人が定着した」。ダラス郊外のセブンイレブン店舗。石油大手エクソンモービル系のコンビニを買収し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン