/

九大、寿命10倍の燃料電池触媒を開発

九州大学の中嶋直敏教授らの研究グループは21日、燃料電池の寿命を従来の10倍に延ばせる新たな触媒を開発したと発表した。変質しにくいカーボンナノチューブ(筒状炭素分子)の表面に白金の微粒子を付着させた触媒で、電池の性能が落ちにくいようにした。今後は燃料電池への実用化を急ぐ。

触媒にはこれまで、白金を付着させる導電性素材としてカーボンブラック(炭素粉)を使用。ただ、電池を使うにつれてカーボンブラックが変質し、触媒が劣化する難点があった。

カーボンナノチューブは白金の微粒子が付着しにくい。このため、接着用の特殊樹脂を利用し、白金を付着させるのに成功した。樹脂は白金の利用効率を高める機能も持ち、「高価な白金の使用量を大幅に減らせる」(中嶋教授)という。今後は発電効率を改善するなど、燃料電池への実用化に向けた研究を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン