/

この記事は会員限定です

大日本住友、がん再発・転移防ぐ薬の承認申請へ

[有料会員限定]

大日本住友製薬はがん細胞をつくる「がん幹細胞」の治療薬を、早ければ2014年末に北米で承認申請する。がん幹細胞はがんの再発や転移の原因と考えられており、同薬による根治が期待されている。同社は専任の医薬情報担当者(MR)を100人程度配置し、17年度に世界で8億ドル(約750億円)超の売り上げを目指す。

抗がん剤「BBI608(開発番号)」が承認されれば、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン