2018年11月22日(木)

大日本住友、がん再発・転移防ぐ薬の承認申請へ

2013/2/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大日本住友製薬はがん細胞をつくる「がん幹細胞」の治療薬を、早ければ2014年末に北米で承認申請する。がん幹細胞はがんの再発や転移の原因と考えられており、同薬による根治が期待されている。同社は専任の医薬情報担当者(MR)を100人程度配置し、17年度に世界で8億ドル(約750億円)超の売り上げを目指す。

抗がん剤「BBI608(開発番号)」が承認されれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報