木村飲料、ユニーク・ご当地商品を新たに25品目

2013/2/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飲料メーカーの木村飲料(島田市、木村英文社長)はOEM(相手先ブランドによる生産)供給を段階的に減らし、自社ブランド品生産を強化する。4月末までに新製品25品目を発売。将来的には自社ブランド品に特化する考えだ。輸出も3倍に増やす計画で、少量多品種生産に強い地場メーカーの特徴を生かす。

2月はまず、国産ゴボウを使用した「焙煎ごぼう茶」や、女性向けのノンアルコールフルーツカクテル「好きにして」など約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]