ジャンボフェリー、神戸―直島に定期航路 芸術祭にらむ

2013/2/13付
保存
共有
印刷
その他

ジャンボフェリー(神戸市)は12日、神戸、小豆島と直島とを結ぶ定期航路を開設すると発表した。神戸港と小豆島の坂手港(香川県小豆島町)を結ぶ既存の航路(定員500人)に加え、坂手港と直島の本村港(同直島町)の間で高速船(同約60人)を運航する。

ジャンボフェリーの定期船。小豆島から先は高速船に乗り換え、直島に向かう

同社は神戸港と坂手港を結ぶ定期航路を運航しているが、直島までの航路はなかった。今年は瀬戸内国際芸術祭や神戸ビエンナーレなどの芸術イベントが神戸や瀬戸内で開催される予定で、新航路の開設を通じて新たな需要を開拓する。

3月23日~5月6日および7月6日~11月末の土日・祝日、お盆期間(8月12~16日)の計71日運航する。神戸港―本村港は1日3便、本村港―神戸港は同2便の予定だ。同区間の料金は大人1人3000円。神戸―直島間の利用者として年1万~2万人を見込む。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]