2019年7月21日(日)

中央区、小学校授業に囲碁導入 思考力鍛える

2013/2/8付
保存
共有
印刷
その他

小学校の授業でプロ棋士が囲碁を教える時間を、東京都中央区が4月から本格導入する。総合学習の時間を使い、区内の5~6校の高学年の児童を中心に、囲碁のルールや歴史の解説を受けたうえで対局する。「囲碁は思考力や集中力が鍛えられ、礼儀作法も身に付く」とアマ5段の腕前の矢田美英区長が提案した。

先生役として日本棋院からプロ棋士を派遣してもらい、最大10時間程度の授業を実施する。2013年度予算案に棋士への謝礼など70万円を盛り込んだ。

区は今年度に4校で試験的に囲碁の授業を実施した。児童はルールを覚えるのも早く、対局にも集中して取り組んでいたという。プロ棋士にはボランティアで参加してもらったが、今後も継続的に続けていくため正式な事業として予算化した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。