2019年1月24日(木)

「渋谷暴動」容疑者、首都圏のアジトに潜伏か

2013/2/8付
保存
共有
印刷
その他

1971年、東京都渋谷区で過激派「中核派」の活動家が警察官を殺害するなどした渋谷暴動事件で、殺人容疑などで指名手配された活動家、大坂正明容疑者(63)が首都圏の同派アジトに潜伏していたとみられることが8日、捜査関係者への取材で分かった。

警視庁公安部は大坂容疑者が現在も中核派の一員として活動しているとみて行方を追っている。

捜査関係者によると、警視庁は昨年3月、立川市内で中核派の非公然アジトを発見。家宅捜索でパソコンや書類などを押収し、暗号を解読するなどした結果、大坂容疑者が病院で診察を受けるための計画書など、現在も活動を続けていることをうかがわせるデータが見つかったという。

沖縄返還協定の調印に反対するデモ隊の一員だった大坂容疑者は71年11月14日、渋谷区で警備にあたっていた交番の警察官や機動隊を別の中核派活動家とともに襲撃。火炎瓶を投げつけるなどして、応援派遣されていた新潟県警の中村恒雄巡査(当時21)を殺害した疑いが持たれている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報