2018年11月18日(日)

貴金属使わない燃料電池向け触媒 九大、生産コスト大幅削減

2013/2/8付
保存
共有
印刷
その他

九州大学の小江誠司教授らの研究グループは、貴金属を使わない燃料電池向けの新たな触媒を開発した。触媒は鉄とニッケルの化合物で、燃料電池の発電で水素から電子を取り出す際に使う。生産コストは貴金属を使った従来の触媒に比べ最大3000分の1程度に削減できるという。研究グループは今後、燃料電池への実用化を急ぐ。

鉄は化学反応を起こして変質しやすいため、触媒に使うのが難しかった。研究グループは鉄をリンで覆った上でニッケルとの化合物にすることで、触媒に適した新素材を開発するのに成功した。

水素から電子を取り出す触媒には現在、白金のほか、ルテニウムとニッケルの化合物を使用。ただ、白金やルテニウムは高価で、生産コストが高止まりしていた。新たな触媒は白金に比べ約3000分の1、ルテニウムとニッケルの化合物に比べ約150分の1にコストを圧縮できるという。

研究グループは今後、水素から取り出した電子と酸素を反応させる際に必要な触媒でも鉄を使った安価な新素材を開発する方針。小江教授は「酸素でも安価な触媒が開発できれば、燃料電池の大幅なコスト削減が期待できる」としている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報