/

この記事は会員限定です

うどん食べて野菜摂取 香川大、粉末を練り込む

[有料会員限定]

野菜の摂取量が全国平均に比べて大幅に低い香川県で、産学官が野菜摂取を促進する取り組みを打ち出す。香川大学はニンジンやブロッコリーなどの粉末野菜を練り込んだうどんやアイスを開発。県は民間事業者と組み温野菜を加えたうどんを開発した。普段どおりうどんを食べながら、野菜を取れるようにし、生活習慣病の防止などにつなげる狙いだ。

香川大学農学部の研究者や学生でつくる「野菜プロジェクト」はこのほど、野菜を低温...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン