/

この記事は会員限定です

デジカメ世界出荷、13年は11.3%減 CIPA見通し

[有料会員限定]

カメラ映像機器工業会(CIPA)は31日、デジタルカメラの世界出荷台数が2013年は前年比11.3%減の8700万台と、3年連続で前年比マイナスになる見通しを発表した。スマートフォン(スマホ)の普及によるコンパクトデジカメの販売減が響く。国内大手各社はスマホとの連携強化や高級機拡充で新規需要開拓を狙う。

13年見通しの内訳は、コンパクトが17.6%減の6430万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン