浜岡原発の不要部品、中部電が再利用模索 大型金属を資源に

2013/1/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部電力が浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)5号機で不要になった大型金属部品を、資源として再利用できないか検討している。国の制度の適用を受けるのに必要な技術開発に着手した。中部電は浜岡原発で老朽化した1、2号機の廃炉作業中。今後、大量に発生する廃棄物の円滑な処理に向け、ノウハウを蓄積する狙いもある。

再利用するのは、2006年にトラブルが起きた5号機の低圧タービン部品。新品と交換し、不用となった…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]